2014年05月30日

大治郎の恩人


うちの新顔の大治郎は、正月あけの1月4日に「子犬をもらいに」行ったところ
おせちの梱包箱(!)に入れられて「用意」されておりました。

猫のように丸くなって体を硬くし震えるばかりで箱から出せませんでした。
選択の余地はない・・・ということで仕方なく家に連れて帰ってきたのはいいが
いつまでたっても箱から出てきませんでした。

かなりの「びびり」なのだろうかと思い、健康診断もかねて獣医さんに診ていた
だいたところ、「びびりではなく陰気なのだ」と言われました!!
警戒心が異常に強いとのこと。

「陰気」な子犬・・・なんてものが存在するのか?ビックリでした。
「子犬のワルツ」って曲もあるぐらい子犬ってフツー「陽気」なイメージですもんね?

散歩どころか、まーったく動こうとしない大治郎に困り果てていたところ近所にいる
豆芝のあんこちゃんが遊びに来てくれるようになりました。↓
anko.jpg
すると!!
徐々に見違えるように陽気な性格になってゆきました!
やはり犬は犬同士、友達ができて嬉しかったようです。
おかげで桜が咲く頃にはやっとフツーに散歩に行けるようになり感謝感激です。

うちでは、あんこちゃんに足をむけて寝られません。(笑)
anko2.jpg
でも。
あんこちゃんは亡きゴロゾウ先生のほうが好きみたいで大治郎にはツンデレ?
大治郎にはそこがまたたまらなく魅力的のようで、目下、彼女に夢中です。(笑)



posted by なにわのにゃんこ屋さん at 22:14| うちの店員にゃんこ&わんこ