2013年07月11日

昭和の頃から勘違い

最近、コマーシャルソングで「村の鍛冶屋」の替え歌が流れており、何気に画面を
見ていたワタクシは何十年も歌詞を勘違いして覚えておったことに気がついて、
愕然としました。(笑)

♪「しばしも 休まず 槌打つ響き」(正解)
   ↓
♪「柴 霜 休まず 槌打つ響き」(長年のワタクシのマチガイ)

つみあげた柴に霜がおりる明け方まで夜通し作業をしている村の鍛冶屋の
情景をうたっているのだと思っておりました。(笑)

「昭和のコドモ」は手遊びというのをよくやっておりましてね。
「ジャガイモ芽をだした」とか「おちゃらかおちゃらか」とか、いろいろありましてね。
この「村の鍛冶屋」などは結構なフクザツな動作手順があって速さを競ったもの
でしたね。

何も遊び道具が無くてもイロイロな遊びをして楽しかったですよ。休み時間。
ああ。モノのない時代?(笑)
posted by なにわのにゃんこ屋さん at 12:23| バック・トゥー・ザ・昭和